ピーリングとはお肌の古い角質を取り除くケアのことです。
ピーリング石鹸を上手に使うと、つるつるの剥き卵のようなお肌になれます。
特にニキビにお悩みの方にはオススメです。
ニキビのもとである毛穴の詰まりにも効果があるのはもちろん、軽度のニキビ跡も改善してくれます。
ピーリング石鹸は、最近とても人気がありますから、使ったことがある方も多いのではないでしょうか。
けれども正しく使い方をしないと、お肌に新たなトラブルが起こってしまいますから注意しましょう。
ピーリングをした後のお肌は、できたばかりの新しい細胞です。
ですから、外部の刺激に対して敏感になっています。ピーリング後はしっかりと保湿し、しばらくの間は紫外線などの刺激への対策に気を配りましょう。
またピーリング石鹸に記載されている使用頻度は必ず守りましょう。
使いすぎると、お肌が本来持っているバリア機能までもが剥がれてしまいます。
ピーリング石鹸を毎日使うのはやめ、くすみや黒ずみ、ザラつきが気になるときに使用しましょう。
ピーリング石鹸を正しく使ってくすみのないきれいなお肌を目指しましょう。

洗顔は1日2回まで

きれいなお肌をつくるには、洗顔が基本中の基本です。
ついつい化粧水や美容液といった「与えるケア」に目が行きがちですが、洗顔石鹸による「落とすケア」が正しくなければ、どんなに高級なクリームもお肌に浸透しないでしょう。
「たかが洗顔」と思って、いい加減に済ませていませんでしたか?
逆に、オイリー肌の方の中で「べたつきが気になるから」と、1日に何度も熱心に洗顔をしている方はいませんか?でも、どんなに皮脂が気になっても、洗顔は1日2回までにしましょう!

洗顔をしすぎるとお肌に必要な水分や油分までもが落ちてしまいます。
朝と夜の2回、洗顔石鹸を十分に泡立てて洗えば、余分な皮脂は落とすことができます。
その際もゴシゴシとこするのは厳禁です。
洗顔石鹸をきちんと泡立てればふわふわの細かい泡ができるので、毛穴の奥まで洗うことができます。
洗顔前に蒸しタオルを使って毛穴を開かせておくのも、オイリー肌の方にはオススメです。
洗顔石鹸を上手に使って美肌をゲットしましょう。